FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.25 クリスマス
もうサンタさんが来てくれない年になりました。
今年は両親の枕元にこっそりプレゼントを置いておこう作戦(何
さすがに寝ている間に忍び込んで起こさないで事を成し終えるのは難しいので、両親が部屋にいない間にこっそり枕元に置いておきました。

父も母も部屋を何度も出入りしているのに全然気づいてくれません;;
やっと気づいてくれた父が、リビングに来て
「わー、サンタさんからプレゼントが届いてたよ!」
と母に棒読みの台詞で報告。
可愛いぞ父。
喜んでくれて何よりでした。


今日いきいきに行って子どもに出会うと、サンタさんから何をもらったーって話しで盛り上がっていました。
いいなぁ……。
「これ一番欲しかったのに、なんでサンタさん分かってくれたんかなぁ?」
と純粋に不思議がる姿が微笑ましいです。
「サンタさんはいつも空から見てるんやでー」
「トナカイが子どもの欲しいものを調べてサンタさんに教えてるんやでー」
とかね。
真実を知った瞬間って、どういう心境なのか興味あります。
「母さんはね、本当はお父さんだったんだよ」くらいの効果はあるでしょうか(何

私、小さい時から一度もクリスマスにサンタさん来たことなかったので、サンタは架空の存在だと信じており、まさかプレゼントを本当にもらって、なおかつそれの存在を信じている子どもがいるなんて思ってもいませんでしたから。
でもやっぱり、嘘でもいいからそういう楽しい夢を子どもには見させてあげたいですね。
さすがに高校に行ってまで信じている子がいるとしたら、ちょっと常識疑いますが。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mashirorin.blog41.fc2.com/tb.php/330-dd0cf744
Copyright ©らくがき日記ちょ All Rights Reserved.
material by b-cures. template by テンプレート配布 lemon lime
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。