上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりに姉と二人で、久しぶりにもらった映画のタダ券を持って、久しぶりに映画に行きました。
ちょうど、むっちゃ見たいーって映画がやってなかったので、選択肢の中から、無難なのを選んでみました。
その中でも「デスノート」は無いよなーと二人で意見が一致。
だって、1見たけど、面白くなかったぞー?
前評判を聞いていたので、ちょっと期待してたんですが、金曜ロードショーか何かで見て、がっかり;;
全然頭脳戦じゃないから、つまんないー;;
うーん、ライトはもっとかっこいいし、Lだってもっと頭いいぞー!

というわけで、「7月24日通りのクリスマス」というマイナーな映画を見てきました。
20人くらいしか入れなさそうな小さいシアターに、お客さんも3組だけ。
わぉ、いくら最終上映だからって、少なすぎるよー!

で、肝心の内容ですが、思ってたより面白かったー。
てか、主演の大沢たかおかっこいいー!
ああいう雰囲気の人大好きです。
ちょっと人生にくたびれた感とか、ちょっと渋さ醸し出してたりとか、かっこいいですー。

内容は、コメディタッチの恋愛もの?
時折出てくる妄想の世界の住人であるポルトガル人親子がヤバイくらい可愛かったです(何
でも私は、憧れの王子様相手だったら、たぶんうまく行かないと思うけどなぁ?
やっぱり、憧れの人というのは、かなり都合のいいところで美化してそうだし。
でも、こういうのもいいかもねということで、今の季節にちょうどいいカンジの映画で面白かったです。
カップルで見るのもいいけど、女の子の友達同士で見に行った方が面白いかもしれません??
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mashirorin.blog41.fc2.com/tb.php/304-65791798
Copyright ©らくがき日記ちょ All Rights Reserved.
material by b-cures. template by テンプレート配布 lemon lime
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。